行政書士になるには学習期間について把握しておこう

筆記用具
このエントリーをはてなブックマークに追加

保育の現場では短大が人気

男性と女性

保育士資格は、4年制大学・短大・専門学校・通信制などの取得方法があります。実際の保育士は短大卒であることが多いです。保育士は実務経験を積むことが重視されているので、最短で社会に出られる短大卒が人気なのです。また短大には保育園からの求人も多く来ます。就職に有利なことからも短大を選ぶ人が多いのです。

もっと詳しく

取得までに必要となる期間

カップル

法律の知識によって異なる

行政書士の資格を取得するには、どれぐらいの学習期間が必要になるのでしょうか。これに関しては、法律の知識がどれぐらいあるかによって、要する期間は異なると言えます。例えば、法学部に所属していたり、宅建などの法律に関する資格を取得しているのであれば、比較的短期間で行政書士の試験に合格できるかもしれません。人によっては、半年未満の学習でも合格するケースもあります。一方で、法律に関する知識がほとんどなく、基礎からしっかりと学んでいく必要のある人は、最低でも1年以上の学習期間を要するでしょう。やはり、行政書士の資格はそれなりに難易度も高くなっていますから、全く法律の知識がない人が、そう簡単に合格できる試験ではないのです。

独学が講座を利用するか

また、行政書士の学習をしてく上で、独学で勉強をするのか、もしくは資格の学校や通信講座などを利用するのかによっても、合格までに必要となる学習期間は違ってくるでしょう。さらに言えば、時間に余裕のある学生と、あるいは時間が限られている社会人を比較すると、どうしても後者の方が学習期間は長引いてしまうでしょう。ただ、行政書士の資格は難易度が高いとは言っても、司法試験などに比べれば遥かにハードルは低いですから、やる気と頑張り次第ではどんな人でも合格することはできるのです。いずれにしても、初心者であればまずは基本部分からしっかりと勉強していき、すでに予備知識がある程度備わっている人は、問題集などを活用して実戦学習をしていきましょう。

幼児に関わる仕事

女性と子供

大学の専門課程で学んで国家試験に受かると、幼稚園教諭になることができます。また、実習先として私立大学などの附属幼稚園に行くこともあります。大学への在学中は、国家試験対策を怠らないようにしましょう。大学によって対策授業を行っているところがあります。

もっと詳しく

現場で役立つことが大事

男女

就職活動の時に資格を持っていた方が有利です。ただし配属先によっては役立たない場合もあります。大事なことはビジネスの現場で活用できる資格を取得することです。働きながらでも通信講座を活用すれば取得できます。30代はサラリーマンにとって資格を取る最後のチャンスです。1時間早く起きて勉強すれば取得できます。

もっと詳しく