保育の現場では短大が人気|行政書士になるには学習期間について把握しておこう

行政書士になるには学習期間について把握しておこう

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

保育の現場では短大が人気

男性と女性

短大を選ぶメリット

保育士の資格を取るには、4年制大学・短期大学・専門学校・通信制とさまざまな方法があります。なかでも人気なのは短期大学への入学です。2年でカリキュラムを終了し、社会に出て働くことが出来るために、保育士になるための最短コースでもあります。現在は、保育科という名前だけでなく、幼児教育学科やこども学科などさまざまな呼び名がありますが、保育士資格と幼稚園教諭資格の両方が取得できる科を選ぶといいでしょう。短期大学では、2年という短い期間で実習を含めた専門的な知識を学びます。保育科を選んだ場合、保育士と幼稚園教諭の両方の資格を取ることが望ましいのですが、カリキュラムがキツイなどの理由で保育士資格に必要な保育園や児童養護施設への実習が多く組まれます。実際に多くの保育士は短期大学卒業生です。必要な知識を得たら、あとは働きながら経験を積んでいくことが重視される職場では、短大卒が重宝されているのです。

地域密着で就職に有利

保育士になりたい人が短期大学を選ぶ理由は、就職でのメリットです。保育園では、長年実習先として学生を受け入れることで、学校側と信頼と実績を積み上げています。全国的に保育士不足が言われているなか、保育学科のある短大には、保育園からの多くの求人が集まるのです。また、総合こども園の広がりに応じて、保育士と幼稚園教諭の両方の資格を持った人は就職に有利になる場合があります。しかし幼稚園教諭の免状は通信制では取得することが出来ず、また専門学校のなかにも両方の取得は難しいところも多いです。新たに資格を取ろうとすると別に学費もかかることになります。もしこれからこども園での就職を考えている人は短期大学を選ぶようにするといいでしょう。